禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

禁欲生活は目的意識をあまり持たない方が上手くいく

      2015/12/12

6a868cf5dc21f38f348f322a96ba0a0d_s

みなさん、様々な目的があって禁欲生活を実践していると思います。

しかし僕の経験上、目的意識を強く持ちすぎると禁欲生活は続きません。

目的意識を強く持つと、いつしかそれが負担になってきて、禁欲生活がしんどくなるのです。

もちろん目的意識を持つことはいいことです。

でもそれは禁欲生活をはじめる前の意気込みみたいな感じだけで十分。

禁欲生活にはいったら、目的を忘れて何も考えず目の前のことを淡々と過ごすほうがいいのです。

今回は「もっと目的意識を持て!」という極めて常識的な考え方を疑ってみます。

注目禁欲男子におススメの恋活サイトランキング

 

目的よりも目標のほうが大事

学校やビジネスといった普段の生活で、「目的」や「目標」という言葉を目にします。

それでよく「目的」と「目標」を一緒くたにしている人が多いと思うのですが、その意味するところは実はまったく違うのです。

「目的」と「目標」はどう違うのでしょうか?

目的は「何のために行動するのか」に重点が置かれ、目標は「行動がもたらす結果をどのようなものにするか」に重点が置かれます。

わかりやすくいうと、目的は行き先、目標は過程。

オナ禁を例に出してみましょう。

【目的】 女性にモテるため

【目標】 一週間に一回だけリセットする

上記のようになります。

それでは何故、目的意識を常に持つと禁欲生活が続かなくなるのか?

オナ禁の効果というものは、明確なエビデンスがないので都市伝説的な要素が多分に含まれます。

そんな根拠のない、あやふやな目的ではリビドーに太刀打ちできるわけないのです。

むしろ目的はきれいさっぱり忘れて「一週間に一回だけリセットする」という目標に重きをおいて毎日を機械的に過ごしたほうがいいのです。

 

目的を達成するためには目標の設定の仕方が重要

「目標」は「目的」に至るための過程なので、目標をクリアしなければ目的には近づく事はできません。

なので、先ずは目的に向かって、クリアすべき目標を立てる事になります。

ここで重要なのが、その目標の立て方。

その時の高鳴っている気分で高い目標を立てると、目的どころか目標さえ届かなくなってしまいます。

目標は頑張れば何とか手が届くところに設定することが重要なんです。

自分の夢を実現したイチロー選手もこういっています。

 

”目標”って高くし過ぎると絶対にダメなんですよね。

必死に頑張っても、その目標に届かなければどうなりますか?

諦めたり、挫折感を味わうでしょう。

それは、目標の設定ミスなんです。

頑張れば何とか手が届くところに目標を設定すればずっと諦めないでいられる。

そういう設定の仕方が一番大事だと僕は思います。

 

このように目的を達成するためには目標の設定がとても重要なのです。

 

まとめ

僕は今、一日一食を実践しています。

しかし、そこに「健康のため」とか「ダイエットのため」とか意味を求めていません。

ただ単に晩御飯しか食べないようにしているだけです。

この考え方は禁欲に限らず受検勉強や資格・語学の勉強、スポーツなども当てはまります。

こう考えると、生きることにあまり意味を持たせないほうが上手くいくかもしれませんね。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ====================


 - 少食男子