禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

オナ禁で「ビビらない男」になる方法

      2016/03/12

-shared-img-thumb-SEPsts_TP_V

このブログでもちょくちょく書いているのですが、僕はすごく気が弱くて「ビビりの男」なんです。

禁欲生活をする前までの僕といったら毎日、上司に怒られないかビクビクしている男でした。

そして一度でも怒られたらそれをずっと後に引きずってしまい、最後は鬱気味になってしまうような男なのです。

この状況を打破しようと、禁欲をしてみました。

効果はてきめん。

徐々に突然襲ってくる「漠然とした不安」がなくなってきました。

しかし、それでも100%大丈夫という状態ではありませんでした。

ある言葉を自分自身に問いかけ、また暗示をすることでビビらなくなってきたのです。

今回は「ビビらない男」になる方法について記事を書いていこうと思います。

注目禁欲生活で生まれ変わった自分でもう一度トライ!

 

オナ禁でメンタルが本当に安定するのか?

はたしてオナ禁で本当にメンタルが安定するのか?

残念ながらこれに関しては医学的なエビデンスはありません。

しかし、実際にオナ禁をしてみるとわかるのですが、僕の経験で話をすると確実にメンタルは安定します。

オナ禁をしていると好戦的な性格になってくるのですが、この好戦的な感情が不安・心配・恐怖といった感情を抑え込んでくれるのです。

また、実際に精液にはメンタルを安定にする物質が多分に含まれています。

禁欲によるメンタル向上効果

普通の人はオナ禁をするだけで十分メンタルは安定するようになってきます。

しかし僕の場合は、これだけでは少し足りませんでした。

ここからさらに考え方のクセ(※心理学用語では認知と呼ばれる)を変える必要もあったのです。

 

ビビらない男になるためにはある一つの問いを毎日自分に問う

こころの病気を治す治療法の1つに「認知行動療法」というものがあります。

これは認知(考え方のクセ)を変えることによって、つらい気持ちをラクにするというものです。

認知のパターンは人それぞれですが、適応的なものと、非適応的なものに大別することができます。

適応的な認知とは、ものごとを事実に即して判断する認知のしかたです。

この考え方だと普通、メンタルが不安定になることはありません。

一方の非適応的な認知とは、事実を歪曲したり、根拠のない憶測をもとに、ものごとを判断するような認知のしかたです。

ちょっとしたことでビビったり、必要以上に心配する心の現象は、非適応的な認知で物事をとられている可能性が高いのです。

つまり、非適応的な認知から適応的な認知に置き換えることによってつらい感情をなくすことができるのです。

ではどのようにしたら適応的な認知で物事をとらえるようになるのか?

それは

「客観的に見て、それはリスクか?」

この問いを常に自分に発し続けるだけで認知のゆがみから脱却することができます。

ちなみに、ここでいっている「リスク」とは僕の場合は「死」を意味します。

つまり「それって死に繋がる話なの?」という意味になります。

多くの悩みや心配事は瞬間的には大きな問題として感じるかもしれません。

しかし、『死』を直面にしてその問題を見てみると、驚くほどちっぽけな問題であることがわかります。

これを自己暗示のように心のなかで、または声に出して毎日自分自身に語り掛けるようにすると、間違った認知が少しずつ矯正されていきます。

そして最終的にはビクビクするような男から脱却できるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ビビり克服のためには「オナ禁」+「自己教示訓練」によって克服することができます。

しかし、今回のケースは「ビビる」ことによって萎縮し、憂鬱さに心が占領される場合の話です。

誤解してはならないのが、「ビビることは全くの悪ではない」ということです。

ビビるとは危険意識の現われであり、逆にビビらない人は危険を察知するのが遅いので死に直面するケースが極めて高くなります。

余談ですが、劇画「ゴルゴ13」の主人公も「自分は人一倍臆病だから生き延びている」と言っています。

僕みたく、過剰に反応し過ぎてストレスになっている場合は参考にしてみてください。

 

◆参考サイトおよび文献

図解 やさしくわかる認知行動療法

「ビビらない」ために必要なただ1つの「問い」―心配事の9割をなくす

認知行動療法(CBT)を一人でマスターする



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ====================


 - 禁欲の効果