禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

服がダサい非モテ男子は即集合!オシャレはセンスなんかじゃない!規則を知れ!!

   

-shared-img-thumb-OOK160217120I9A9088_TP_V

モテる男の条件として「おしゃれである」ということは必須条件です。

オナ禁と筋トレでモテフェロモンであるテストステロンをたくさん分泌していても服がダサかったらモテません。

女性というのは男性のファッションにとても敏感なんです。

多くの女性は男性から告白されたらまず一緒に歩いても問題ないか(ダサくないか?)考えます。

もちろん彼氏にする判断基準はそれだけではないですが、少なくとも女性は一緒に歩いていておしゃれな人だったらうれしいでしょう。

「でも自分はオシャレのセンスがないから。。」

そう思っている男子は心配しなくても大丈夫です。

オシャレはセンスではありません。

ファッションの規則や掟を抑えれば誰だってオシャレになれるのです。

今回は服がダサいと思われている非モテ男子に向けて記事を書きます。

注目禁欲生活で生まれ変わった自分でもう一度トライ!

 

3色の法則

服がダサく見えるのは、ちぐはぐな色の組み合わせが原因です。

配色にはルールがあるので、まずはそのルールを覚えましょう。

服をコーディネートするときはまずは3色を選定して、その割合を考えます。

この3色はベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーと呼ばれます。

ベースカラー・・・全体的な見た目の雰囲気を作る色で全体の7割を使います。スーツやコートなど大きい面積を占める服がベースカラーになります。

アソートカラー・・・ベースカラーを引き立て全体をまとめる色で全体の2~3割を使います。ベストやパンツ、靴やバッグなどがアソートカラーとなる色です。

アクセントカラー・・・メリハリを入れてファションを引き締める色で全体の1割を使います。アクセサリーやネクタイなどがアクセントカラーの色です。

ここでのポイントはアクセントカラーですね。

アクセントカラーを選ぶ時にベースカラーと対照的な色や目立つ色を選ぶとメリハリができて、さらにオシャレっぽくなりますよ。

それでは実際に海外のメンズファッションスナップからこの規則を照らして見ていきましょう。

出典 Italy Web

出典 Italy Web

Arrangement-of-color-balanc

黒・グレー・白の3色で攻めた、モノトーンカジュアルなチェスターコートコーディネートです。

ちなみに黒・グレー・白は無彩色といって使いやすい色として知られています。

このように必要以上に色を使わず3色に限定してコーディネートをするだけでも大分よくなります。

しかしそれでも色の相性みたいなものはありますよね。

なんでもかんでも3色適当に見繕うものでもありません。

ではどうやって配色をするか?

 

まずはズボンの色を基準にして考える

配色をする際にまずは一つ基準になるものを作っておくと、実際に色を服装にあてはめて考えていく際、上手にシミュレートできます。

まずはズボンの色を選んでそれを基準にしてコーディネートしてみてください。

一つの色がズボンという一つの箇所に固定されているため、他の部位の色を考える時に非常にイメージしやすいのです。

そういう意味でズボンを選ぶのはとても重要になってきます。

僕のおススメはベージュのチノパンですね。

ベージュのチノパンはキレイめスタイルにも、カジュアルスタイルにも使える万能アイテムなんです。

大半の色と相性が良い上に、ほぼ全てのトップスと相性抜群です。

これほどまでに着こなしの幅が広いパンツは他にないですね。

まずはこれを1本持っておくとそんなにダサい恰好にはなりません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このようにフッションで重要なのは「色の相性」なんです。

もしオシャレを「センス」で片づけるなら、色の相性を知ることがオシャレセンスに繋がるかと思います。

本当は色の相性もパターン化されているのですが、今回は省略いたします。

それよりも実際にフッション雑誌のコーディネイトや街中での人間観察でセンス(目)を養ったほうが早いし楽しいかもしれませんね。

ある程度イメージができたら服を買いにいきましょう。

ちなみに僕がいつも服を購入しているサイトはこちら



オシャレ初心者を全力サポートしてくれるサイトです。オシャレの情報は満載☆見るだけでオシャレになれます!!



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ====================


 - モテ男子