禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

禁欲男子は要チェック!! 禁欲の有名人について

      2016/09/11

large_884419_1

禁欲を志している有名人はたくさんいます。

しかし意外に知られていなかったりするんですよね。

今回はそんな有名人をクローズアップしてご紹介します。

今後の禁欲の励みになれば幸いです。

注目禁欲男子におススメの恋活サイトランキング

 

モハメドアリ

Muhammad_Ali

モハメドアリは元・世界ヘビー級チャンピオンでアメリカの伝説的なボクサーです。

そのモハメドアリがバリバリの禁欲主義者であることはご存知でしょうか?

モハメドアリは対ジョージフォアマン戦に向けて試合の1年前から性行為を禁止しました。

その後、世界ヘビー級王座を獲得したという逸話があります。

事実、モハメドアリは「試合前にセックスをすると闘争本能が消え失せてしまう」と公言していました。

そのため、試合前には最低でも1ヵ月は禁欲をするそうです。

性エネルギーを闘争本能に変え、世界チャンピオンになるという目標を実現させた偉大な人物ですね。

モハメドアリが

「俺はチャンピオンになる為なら、喜んでSEXに背を向ける」

といった名言はオナ禁ファイターの間ではあまりにも有名です。

 

ガンジー

700x525xmahatmagandhi1.jpg.pagespeed.ic.pbFrK_TTQh

マハトマ・ガンジーといえば「非暴力」・「不服従」をスローガンに掲げ、インドの独立に貢献した人物で有名です。

そのガンジーですが若かりし頃はとても性欲が強かったのです。

ガンジーは13歳という若さで結婚し、奥さんとの間で性行為におぼれてしまいます。

父親の看病中にも休憩時に奥さんと性行為におよぶ始末です。

この欲情が仇となり、 数時間にも及ぶ性行為の最中にお父さんは亡くなってしまいました。

これが負い目となりガンジーは禁欲生活に目覚めていきます。

ガンジーが禁欲を告げたのが36歳の頃です。

晩年のガンジーは若い女性とベットを共に寝ていましたが、そんな時でも決して精子を漏らすことはなかったようです。

しかし、若い女性とベットを共にする行為は信者から批判をあびました。

何故、偉大なるガンジーともある人物がそんな愚行ともとれる行動をしたのか?

もしかしてこれは女性とともに寝ることで性エネルギーを高め、それを政治へのエネルギーに転換させていたのかもしれませんね。

僕も元気がないときはHなことを想像したりします。

もちろん、精子を漏らすことはありません。

 

Gackt

large_884419_1

現代の禁欲家といえばGacktさんでしょう。

Gacktさんの『自白』という書物の中に自慰行為を辞めたことが記述されています。

またラジオの中でも「一人Hは絶対嫌だ!」と述べています。

性欲だけでなく、食事は1日1食であり睡眠時間は3,4時間といった生活をしています。

3大欲求へのコントロール能力がすさまじく高い人ですよね。

言語、運動、楽器、歌、ビジネス、俳優等様々な能力を身につけ、色々なことを実現させているまさに男の鏡。

こういった徹底したストイックなライフスタイルが結果的に多岐にわたる能力を高めているのでしょう。

いつまでも人気が衰えない理由はここにあると僕は思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

三人ともカッコイイですよね。

欲に流された生き方をしていると、こんな風にカッコよくはならないでしょう。

今回、この三人を調べてわかったのは、三人とも性欲のエネルギーを上手く別の物事にベクトルを向けて活用しているということです。

モハメドアリだとボクシング、ガンジーは政治、そしてGacktだと歌ですね。

ナポレオン・ヒルが言うように、「精力の温存が成功のためのエネルギーになる」というのも真実味を感じます。

しかし、ネットにすぐにアクセスできる現代の僕たちは禁欲を守るのは難しいところがありますね。

僕も禁欲を守るために深呼吸をしたり、トイレに行ったりいろいろ試しました。

一番しっくりきたのが「食を慎む」という行動です。

食を慎めば禁欲はおのずとできる

これ以外の適当な方法は今のところ見つかりません。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ====================


 - 禁欲学書