禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

禁欲男子は必読!!禁欲男子の聖書である養生訓について

   

elly20160628465420_tp_v

禁欲男子の聖書といえば貝原益軒の 『養生訓』(ようじょうくん)です。

この本は養生(健康、健康法)についての指南書ですが、その内容は欲を抑えることに関しての内容がびっしりと書かれているからです。

禁欲をライフスタイルにする禁欲男子は一度は読まないといけない本ですよね。

本日は養生訓についてのエントリーです。

注目禁欲生活で生まれ変わった自分でもう一度トライ!

 

養生訓とは

養生訓の著者である貝原益軒は江戸初期から中期に活躍した医学者、儒学者、教育家です。

貝原益軒は、約100冊の本を出しています。その中で特に有名なのが『養生訓』。

貝原益軒は、当時の江戸の平均的な寿命が35歳前後の時代に84歳の長寿を全うしています。

現代で言えば100歳以上の長寿ですね。

この本は晩年にあたる83歳に書かれました。

まさにこの世を去る前に重要なメッセージを残した本といえます。

この『養生訓』という本がどうして禁欲を志している我々の聖書になるのでしょうか?

養生訓では主に欲を慎むことの重要性が書かれているからです。

養生訓で書かれている欲とは主に4つを指します。

  1. あれこれ食べてみたいという食欲
  2. 色欲
  3. むやみに眠りたがる欲
  4. 徒(いたず)らに喋りたがる欲

特に “好色の欲を慎む” とはまさにオナ禁のことですよね。

この教えは禁欲男子である我々は伝承していかなければいけません。

 

養生訓の内容

それでは具体的に養生訓の中身を読んでみたいと思います。

印象に残ったメッセージをピックアップしました。

簡単な訳と僕なりの解説をつけてご紹介します。

 

悪の根源

万(よろず)の悪は皆 欲をほしいままにするより起こる
(※あらゆる悪は欲をほしいままにすることから起きる)

飲食で体を壊し、性欲で身を滅ぼし、金銭欲で地位を失う。

世の中の全ての悪の根源は欲から発生しているのかもしれません。

仏教の教えでも「五体から生ずる欲によって人は苦しむ」と説かれています。

しかし欲が人生の楽しみなのも事実です。

問題は欲をいかにコントロールする(抑える)すべを学ぶことが大事なのかもしれません。

 

はじめにこらえろ

はじめにこらゆれば必ず後の喜びとなる
(※はじめにこらえれば必ず後で喜びになる)

オナニーのやりすぎは巡り巡って不幸をまねきます。

禁欲生活を辞めてオナニーを毎日しまくった結果

僕の経験なのですがムラムラする前に強い意志でこらえれば後で何倍もの喜びに変わります。

禁欲すれば夢が叶う

オナニーをしているときは快感であってもそれは一瞬のできごとです。

でも欲を節することができた自信はずっと続きます。

 

我慢こそが美徳

莫大(ばくだい)の禍(わざわい)は須臾(しゅゆ)の忍ばざるに起こる
(※非常に大きな不幸は一瞬間がまんしないから起きる)

大きな禍は一瞬だけ我慢すればやり過ごせることがほとんどです。

オナ禁はとは毎日押し寄せてくる欲との闘いです。

我慢することの修行だと思うと、ちょっとは楽しくなるかも!?

 

欲におぼれた生き方は自分自身の罪

飲食色欲によりて病床ずるは全くわが身より出ずる過ちなりこれ天命にあらず わが身のとがなり
(暴飲暴食、セックスのやりすぎで病気になるのはまったく自分から出た過失だ。これは神様が決めた運命ではない。自分自身の罪である)

自分の人生を嘆く人が多いですが、それは神様が決めた運命ではありません。むしろ試練です。

まずは欲に流された怠惰な生き方をしていないか振り返ってみてください。

毎日パソコンの前でオナニーばっかりやってないですか?

欲を切り離した生活に変えるだけで今まで見えてこなかった事実が見えてくると思います。

 

欲に勝つには強くて勇気のある武将になれ

肉欲に勝つことは猛将の敵をとりひしぐがごとくすべし
(欲望に勝つには猛将軍が敵をたたきつぶすようにするべきだ)

性欲の衝動(リビドー)はあなたが思っているよりも何十倍も激しいです。

歯を食いしばって強くこらえないとすぐに流されてしまいます。

勇敢で気力に富む強い気持ちで性欲と対峙しないといけません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今から300年前の江戸時代に残した貝原益軒の禁欲メッセージ。

ただ、禁欲も過度なものはよくありません。

過度な抑圧は必ず逸脱を生みます。

重要なことは “足るを知る” ということだと思います。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ====================


 - 禁欲学書