禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

禁欲男子は冷水シャワーを習慣にすべし!

      2016/11/13

4c97ec41b5a08e6ba5dfa7001837b23a_s

寒中水泳や乾布摩擦が健康によしと言われているように、冷水を浴びると健康になるということは科学的にも証明されています。

ただ、 ”モテる男” を目指してオナ禁+筋トレを日々実践している我々が注目するところはそこではありません。

血栓症研究所によれば、冷たいシャワーを浴びることで、男性ホルモンのなかで最も重要な「テストステロン」の量が増えることがわかりました。

言うまでもなく、我々がオナ禁したり筋トレを日々行っているのはテストステロンの分泌量を増やす為です。

しかし寒さも増してきた時期に早朝から冷水シャワーを浴びるなんて 「頭がおかしくなった」 と思われるかもしれませんよね。

それでも。。

少しでもモテに近づきたい禁欲男子は拒む理由はありませんよね?

今回は冷水シャワーについてのエントリーです。

注目禁欲男子によるLINEで異性と出会う3つのコツ

 

冷水シャワーの効果

『これからもっと寒くなるのに毎朝冷水シャワーを浴びるなんて考えられない!』と思う人も多いと思います。

確かに朝起きるだけでも大変なのに、さらに冷水シャワーを浴びるなんてかなりの覚悟が必要です。

しかしその分、効果も絶大です。

まず冷水シャワーを習慣化して浴びるようにするとテストステロンエストロゲンの分泌が良くなります。

もちろんそれ以外にもたくさんの効果はあります。

 

免疫力向上

冷水シャワーを毎朝浴びることで病気やストレスに対する耐性が高まることは有名な話です。

乾布摩擦をイメージするとわかりやすいですよね。

医学的にも免疫力が高まるという証拠は数多く存在します。

白血球細胞傷害性Tリンパ球活性と密接につながっているのは事実だそうです。

白血球が増えることで免疫力は高まるのでどんどん冷水シャワーを浴びていきましょう。

 

冷え性改善

ただでさえ朝、寒いのに水シャワー浴びるなんて逆に冷え性になりそうな感じがしますよね。。

しかしあえて一度冷やすことで血管が膨張して血流が良くなるのです。

今までよりもしっかりと全身に血液が流れて冷え性を改善することができます。

 

ダイエット

人間はカエルみたいな変温動物ではなく恒温動物です。

冷たい水で体温をいったん下げると体は体温を上げようとして内臓脂肪を燃焼させます。

例えば、北極横断に挑戦する人はみなさん丸々と太ってから出発します。

それでも寒さで脂肪が燃焼されて、ゴールに着くころは痩せているそうですよ。

 

冷水シャワーの手順・やり方

冷水シャワーのやり方ですが、朝起きてすぐに実践すると効果的です。

まず最初は温水で体を温めます。

寒い時期にいきなり冷水だとあまりにもきつくて耐えられませんからね。

温水シャワーで体を温めてから冷水シャワーに切り替えます。

ただ、ここでいきなり頭から浴びるのは無謀です。手順があります。

冷水シャワーは心臓から遠いところから浴びるのが鉄則です。

急に冷水を浴びることによる心臓への負担を最小限にするためです。

心臓に負担をかけないための具体的な浴びる順番ですが、

  1. お腹
  2. 肩・背中

この順番がおススメです。

ただ、これでも最初に冷水を浴びるときには勇気がいります。

そんなときはロウソクの火を消すように息をフゥーっと強く吹きながら冷水シャワーを浴びます。

すると不思議なことに、強く息を吹いている時はあまり冷たさを感じることはありません。

 

まとめ

僕の尊敬している 「一日一食健康法」 の南雲先生も冷水シャワーを実践しています。

というよりか南雲先生が冷水シャワーをTVで紹介してから広く認知されるようになった感じがします。

冷水シャワーには美肌効果もあると言われています。

南雲先生の健康的で若々しくしっかりとした皮膚はもしかして毎朝の冷水シャワーにあるのかもしれませんね。

これから12月、1月、2月と入っていき寒さも一層強くなります。

オナ禁だけじゃ物足りなくなった強者の禁欲男子は僕と一緒に早朝に冷水シャワーを習慣にしませんか?

冬を乗り切れたら一人前ですね。

ただ、注意事項が一点。

心臓が弱い人や飲酒後の冷水シャワーは心筋梗塞心臓麻痺を引き起こす危険性があります。

無理をしてまで取り組む健康法ではないのであくまでも自己責任でお願いいたします。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ====================


 - 禁欲学書