禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

オナ禁とミニマリスト

      2017/06/11

以前のブログの記事でも書きましたが、オナ禁を実践している人はミニマリズムに魅かれる傾向が多いです。

禁欲男子にはミニマリストが多い!?

僕自身もミニマリストという考えに強く魅かれ、実践しています。

今回はオナ禁とミニマリストについてのエントリーです。

注目禁欲男子によるLINEで異性と出会う3つのコツ

 

ミニマリストが物を持たない理由

オナ禁をする目的はモテるため。

ではミニマリストがモノを減らす目的はなんだと思いますか?

ミニマリストの人が物を減らす理由として一番多く言うのが「物が少ないほうが、心や人生は豊かになるよ」というセリフ。(※節約になるというのはあまり言わない)

この言葉の背景にあるのが「レス・イズ・モア(Less is more)」です。

これがミニマリストの基本理念。

日本語に訳すと、「より少ないことはより多いことだ」「より少ないことは、より豊かである」「少ないことは豊かなこと」になります。

しかし、僕にとってこれは今いちピンときませんでした。

だったら何も持たなければいいですよね?

一番少ないのはゼロだから。

しかし現実問題、所持品がゼロだったら楽しい人生とは言えません。

調べてみるとレス・イズ・モアの意味するところは、できるだけ少ないものに集中すれば、それをより生かすことができる、100%の可能性を引き出せる、ということだそうです。

洋服で例えるなら、実際よく着る服って限られていると思うんですよね。

持っている服をどれも均等に使っているかといえばそうではない。

ほとんど着ない服とか大量にあると思うんです。

1年前に一度も着なかった服は思い切って処分して、効率化を図る。

そして本当に必要な服だけ手元に残すことで、ノイズがなくなり今まで気づかなかった斬新な服のコーディネイトの発想が生まれる。。といったところでしょうか。

これがレス・イズ・モアの意味であり、ミニマリストがモノを減らす理由になっていると考えます。

 

オナ禁とミニマリストの共通点

それでは次に禁欲男子がミニマリストに傾倒しがちな理由を考えてみます。

ミニマリストとはできるだけモノを減らして、必要最低限のモノだけで生活する人を指します。

ゆえに「流行りの服がほしい」「新モデルのパソコンがほしい」といった物欲をコントロールしないといけません。

一方、オナ禁とはオナニーを我慢する行為を指すので性欲をコントロールします。

このことからオナ禁とミニマリストの共通する点はどちらもへの執着心を手放すということになります。

またミニマリストの原点をたどると禅の思想にたどり着きます。

そして禅とは大乗仏教の一派。

仏教は禁欲主義的な傾向が強いので、やはりミニマリストの考え方はオナ禁と相通じるものがあるのです。

 

まとめ

そんなわけで僕は2017年から自分で勝手にミニマリスト宣言しました。

今も物を減らしていっています。

ミニマリストを実践して思うことはモノに対して執着心を手放さないと断捨離が行えないということ。

この考えが『性欲を手放なす』という、どこかオナ禁と通じるものがあってしっくりきます。

ただ、ビートたけしが以前『TVタックル』で「無駄をそぎ落とすと文化は生まれない」ということを言ったみたいですが、それも一理ありますね。

ただ、こんなにモノがあふれかえっている日本の実情と照らし合わしたら、一旦「自分にとって本当に必要なものを考える時間」というのは必要な気がします。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ====================


 - 禁欲系ミニマリスト