禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

禁欲系ミニマリストの挑戦 ~年間20着で過ごす計画~

      2017/07/16

持ち物を最小限にすることで選択肢を減らし、それで得られる時間や心の余裕を楽しむ生き方をミニマリストといいます。

僕は『禁欲男子は、ミニマリストになるべき』という考えを持っています。

普段から「欲を手放す」という思考回路を持ち続けるという意味でいいのです。

そんなわけで2017年の僕の目標はミニマリストなわけですが、最初に着手したのが”洋服”です。

ジェニファー・L・スコットの「フランス人は10着しか服を持たない」という本に感化されたのも理由の一つです。

しかしさすがにいきなり10着まで絞るのは難易度が高すぎる。。

とりあえず20着まで絞ってみることにしました。

注目禁欲男子におススメの恋活サイトランキング

 

洋服をミニマリストにするメリット

洋服を必要最低限にすることでどんなメリットがあるのでしょうか?

断捨離をして後悔しないためにも改めてメリットについて確認したいと思います。

節約できる

やはり一番のメリットはこれでしょうね。

ウィンドウショッピングやネットで衝動買いしてしまうことを回避できます。

「あ、この服いいな♪」と思っても、「せっかく断捨離したのに増やしたくないな」という思いのほうが先行するのです。

この考え方は結果的に洋服以外にも無駄遣いを減らす考えに繋がります。

着るものに迷わないので疲れない

洋服を最小限にするということは「私服の制服化」を意味します。

これは何を意味するかというと、”決断疲れ”をなくすということです。

米オバマ大統領は、ほぼ毎日同じスーツを着ることで知られています。

その理由を、ある論文を引用し、どれだけ単純な決断でも、その後の決断の精度を下げる要因になり得ると答えたそうです。

これは意外に重要な話で、実は世界の成功者はみんな実践していることなのです。

例えば、アップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズの服装は黒のタートルネックにジーンズ、足下はスニーカーというスタイルです。

出典:calligraphy-expo.com

FacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグの服装はグレーのTシャツに、黒のパーカー、ジーンズを毎日身にまとっています。

成功者の口から揃って出てくるのは「決断の数を減らす」という言葉。

その理由は、小さな決断でもその数を重ねることによって大きな決断の正確性が落ちてしまうからです。

これは「決断疲れ」と呼ばれています。

数々の決断により精神的な疲労が蓄積し、日々の生産性が下がってしまうことを指します。

 

頭の中がすっきりする

これは洋服に限ったことではないのですが、やはり持ち物が少ないと見た目も頭の中もすっきりしますね。

実際に服を断捨離しまくって僕が感じたことをいいます。

必要最低限の物がないという状態は余計なことを考えない状況につながります。

余計なことを考えないということは禁欲男子にとってはとても重要なことはお分かりですよね?

やはり、禁欲男子はみんなミニマリストになるべきだと思います。

 

洋服を必要最小限にするやり方

ベースの考え方としては1軍(普段着る服)だけ残しそれ以外は思い切って断捨離というやり方になります。

STEP1.持ち物の確認作業

まず、最初のステップとしては、現在の所有物の点検作業から入ります。

クローゼットの中身を全てを点検します。

現在、どのくらいの服を所有しているか確認します。

 

STEP2.断捨離 1回目 ~服を捨てる基準を作る~

とりあえず、昨年ほとんど袖を通さなかった服は問答無用で捨てていきます。

次に服を捨てる基準を作ってフィルターをかけます。

・着古した服
・傷んできた服
・サイズがあわない服
・好みがかわった服
・似合わなくなった服

上記に該当する服を全て断捨離します。

実際にやってみると莫大な量になりました。

捨てる行為に何か「後ろめたさ」や「もったいなさ」を感じるならリサイクルショップに持っていくのもいいでしょう。

 

STEP3.断捨離 2回目 ~私服の制服化~

断捨離1回目で生き残った服は基本は1軍の服になりえる服です。

しかし実践するとわかるのですが、これでも20着以上になります。

なので、ここからは毎日服を着ながら私服の制服化を考えて「断捨離予備軍」と「制服」とに分けます。

これで20着まで絞ります。

 

STEP4.買わない

断捨離を実行して、20着まで服をしぼることができれば、次は服を増やさない(買わない)ことです。

基本スタイルとしては、新しい服を一着追加するのであれば、一着何か服を手放す行為をしないと20着以上になってしまいます。

なので、服を購入するときは熟考しましょう。

僕が服を購入するときのポイントは以下です。

 

服を買うポイント ~服を購入する基準を作る~

衝動買いしないためにも事前に服を購入する基準を作成しておくことは重要です。

僕が服を購入するときの基準は以下になります。

 

欲しい物ではなく、必要な物を買う

個人的な考えですが、衝動買いで購入した服は高確率で1軍の服にはなれません。

「20着で年間過ごす」と決めているので1着増やすなら必ずレギュラー入りする実力の服を選ぶ必要があります。

そのためには服を購入する目的をきちっと決めておく必要があります。

たとえば・・・

「持っている服がくたびれてしまったから」

「体型が変わってしまったから」

「持っている服があまりにも流行とかけ離れているから」

「年相応のファッションをしたいから」

このような明確な理由があれば購入することにしましょう。

 

シーズンレスな服

ミニマリストの服装は原則、定番アイテムをマイナーチェンジして服を着まわします。

なので、季節をまたいで使えるアイテムを選ぶことは重要です。

また流行に左右されやすい服とは「賞味期限が早い服」です。

すぐに1軍から落ちしてしまうので、十分考えて購入しましょう。

 

一着にお金をかける

ミニマリストのフッションは量よりも質を重視します。

なのでシーズンレスな素材に重きを置いてその分お金をかけます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一見、たくさん服を持っていて、毎日違う服を着ている人がオシャレに感じるかもしれません。

しかし実は逆!

服が多いほどオシャレの平均値は下がります。

大ベストセラーの「フランス人は10着しか服を持たない」という本でもあるように、本当にオシャレな人は「1軍の服」しか持ちません。

そのかわり、1着にお金をかけます。

数が少ないので一着ごとに十分愛情をそそぐことができるのです。

僕も実際に服を断捨離しまくって1軍の服でコーディネイトして私服の制服化を実践しました。

そして実際、本当に会社の人から「真虎さんはいつもこぎれいな恰好でカッコイイですね~」と言われました。

禁欲だけではモテません。ファッションも大事!

禁欲男子はミニマリストになるべし!



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ====================


 - 禁欲系ミニマリスト