禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

禁欲系ミニマリストの挑戦 ~レーシックでメガネ&コンタクトフリーに~

   

禁欲を長く続けるコツとしてミニマリストになることがあげられます。

ミニマリストになることで思考もシンプルになり禁欲がしやすくなるからです。

以前、このブログで洋服の断捨離を行いました。

次に手放す対象になったのが「メガネ」と「コンタクトレンズ」です。

僕は目が悪くて、メガネ&コンタクトレンズを常時持ち歩いています。

近視の方はすでにご存知だと思うのですが、コンタクトレンズ(ハード)って結構カバンの中の持ち物が多くなるんですよね。

レンズの洗浄液やレンズの保存ケース。そして念のためのメガネケースとメガネ。

これらから解放された生活を送るために、今回レーシックを受けることにしました。

注目禁欲生活で生まれ変わった自分でもう一度トライ!

 

レーシックとは

僕たちの目のしくみはこのようになっています。

出典 http://www.shinagawa-lasik.com/begin/

近視(屈折異常)とは角膜の屈折する力が強いため、網膜よりも前方で焦点が合ってしまいます。

このため、遠くの物がぼやけてしまい、はっきりと見えないのです。

出典 http://www.shinagawa-lasik.com/begin/

レーシックとは角膜をエキシマレーザーで削り、角膜のカーブを変える手術です。

こうすることによって屈折しすぎている角度を矯正し、正視の状態に近づけます。

出典 http://www.gankaikai.or.jp/important/lasik.html

 

体験談

僕が選んだクリニック

クリニックの選び方は人それぞれあると思います。

僕の場合は「症例数の多さ」を基準にして選びました。

病院の実力を判断する上で、手術症例数の多い少ないは、とても大きな意味を持つからです。

レーシックの症例数が世界一なのが『品川近視クリニック』です。

そんなわけで品川近視クリニック梅田院に行ってレーシックをうけてきました。

 

品川近視クリニックに行ってきた

僕は京都に住んでいるので最も近い店舗は大阪の梅田院になります。

な、なんと僕のお師匠様である南雲先生のクリニックも同じビルにありました!

これは何か運命を感じますね。。

入口はこんな感じ

中に入ると清潔感があってこざっぱりした感じです。

最初に視力検査をするのですが、視力検査をするたびにスタッフの方が機器を拭いていました。(※清潔感アピール?)

2009年に「銀座眼科感染症事件」というレーシック難民を生み出した事件があったのですが、これが背景にあるのかもしれませんね。

その他に印象に残ったのはスタッフのサービス精神です。

クリニックとは病院とは違い医師でなくても開けることができます。

このことから病院の雰囲気とは違いサービス業の雰囲気を強く感じました。

 

料金について

気になるお値段ですが施術するときにどの機械を使用するかで値段が変わります。

相場では20万~30万円のコースをみなさん選択しているみたいです。

僕が選択したコースは「アマリス750Zレーシック」で32万円です。

レーシックは自由診療(保険適用外)であり値段は病院・クリニック側で設定することができます。

そのため、およそ病院ではお目にかからない「割引券」や「クーポン券」とかあるのです。

たまたまネットで割引券を見つけていたので受付でそれを見せました。

その場で6万円まで割引きしてもらいました。

なので、実質の支払い金額は26万円です。

う~ん。。なんか値段があってないようなものですね。。

 

施術後の感想

レーシックを受けて手放すことができた物が以下になります。

メガネ&メガネケース&メガネクリーナー&コンタクトレンズ&洗浄液&コンタクトケース

これ以外にも目薬とか常時カバンに入れていたわけですから、目が悪いと思ったよりも持ち物がいっぱいになります。

しかし今回レーシックを受けたことからこれらの持ち物から解放されました。

これで禁欲系ミニマリストとしてさらに一歩前に進むことができました。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村
====================


 - 禁欲系ミニマリスト