禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

禁欲系ミニマリストの挑戦 ~ペーパーレス化~

      2017/08/05

オナ禁界隈で最近、話題にあがってくる話が『ミニマリスト』という生き方。

(※実際、いろいろな物を断捨離をしていくと頭の中もスッキリして禁欲しやすくなりました。)

そしてミニマリストと言えばペーパーレス化が定番になっています。

ペーパーレス化とは本や紙をすべて電子化(PDF)にすることですね。

自称『禁欲系ミニマリスト』としてうたっている自分もペーパーレス化を実践してみました。

注目禁欲男子によるLINEで異性と出会う3つのコツ

 

モバイルスキャナ

大量にある本をPDF化するにはこれでは無理ですが、ちょっとした書類をPDFにするにはこちらがおススメ。

僕も薄型のモバイルスキャナを1台持っています。

ちょっとした資料なんかをスキャンして電子化しています。

一台あると便利です。

 

自炊について

電子化というキーワードで次に出てくるのが『自炊』というワードです。

自炊とは、自らの蔵書を裁断機で切断し、スキャナーを使ってデジタルデータ化する行為を指します。

もともとはファイル共有ソフト全盛期に不特定多数に配布する目的で書籍をスキャニングするというネットスラングでした。

この “自炊” という行動ですが、機材も高く、裁断からスキャナーのフローも以外に面倒なんです。

そこで自炊ブームと共に “自炊代行サービス” という業者が出てきました。

自炊代行サービスはすごく便利なのですが、一方で代行サービスは著作権法に違反するという声も多いです。

 

自炊代行サービスは違法?

結論からいうと、 “自炊代行サービス” というのは違法になります。

著作権法第30条1項(私的複製)からいうと自分が持っている本を自分で利用するために自炊する行為は、私的複製の範囲内として適法と見なされます。

しかし、代行となると『私的複製の範囲』から外れるので違法となります。

同様に代行サービスを利用した人も「共同で違法な複製を行った」などと見なされる可能性があります。

 

自宅で自炊

王道は自宅で自炊になります。

スキャナーの機材はたくさんあるのですがミニマリスト達の中で有名なのが『ScanSnap』です。

少々値が張りますが、本をデジタル化するには最適な機種です。

毎日大量の資料が手元に残る人は必須ですね。

 

自炊代行業者

自宅で自炊だと「スキャナー」「裁断機」と購入しないといけません。

「ミニマリストとしてどうなん?」と思ってしまいますよね。

しかし自炊代行サービスは違法になります。

利用する方も処罰の対象になる可能性もあります。

実際、僕の住んでいる京都では自炊代行サービスがなくなりました。

「自炊」代行容疑で男逮捕 京都府内の「業者ゼロ」に

しかし京都以外だとまだ普通にあったりします。

おすすめ!優良自炊(スキャン)代行サービスまとめ

恐らく、将来的には京都みたく自炊代行サービスはなくなっていくんでしょうね。。

しかし電子書籍化という需要は高いので業者もあの手この手でなんとかサービスを継続しようとしています。

最近では『機材を貸し出す』を前面に打ち出した業者も現れました。

自炊空間

代行ではなく、あくまでも自炊の機材を貸し出しているだけです。自炊はあくまでも利用者の人が行います。

これだと違法にはなりませんね。うまいこと法律の穴を抜けたやり方ですね。

 

まとめ

冒頭では電子化はミニマリストの定番と言いましたが、よくよく考えると『物を手放す』という視点で考えるとミニマリストになっていないんですよね。

たしかに棚にある本が全部なくなるので見た目はスッキリしますが、電子化にしただけなので形態を変えただけの話です。

で、こっからポイントとなる話なのですが、実はデジタルの分野ではミニマリストになっていなかったりします。

例えば以下の点で思い当たることはないでしょうか?

・ショートカットだらけのデスクトップ

・便利かもと思って追加したブックマーク

・流行りにつられてインストールした一発屋アプリ

以上のようにリアルで断捨離していても、PCやスマホ(デジタル)の中身をよく見ると無駄なモノであふれていたりするんです。

デジタルはスペースをとらないので意外に盲点になっていたりするんですよね。

しかしデジタルも断捨離をしてこそ真のミニマリストだと思います。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ====================


 - 禁欲系ミニマリスト