禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

【必読】モテる男の条件 ~オナ禁からモテ男子への階段~

   

我々、禁欲男子はモテるためにオナ禁をやっています。

しかし、ちょっと考えるとわかることなんですが、オナ禁だけやっていても女性にはモテません。

ではオナ禁以外にどうやったらモテる男になるのでしょうか?

どんな年代でもモテる特徴というのは大抵同じとなっています。

特に代表的なのが挨拶ができるということです。

今回はモテ男子に一歩近づく “挨拶” についてエントリーします。

注目LINEを駆使するプロのスカウトマンが教える

 

挨拶の重要性

朝の時間帯が過ぎても『おはようございます!』

たいして疲れてもいないのに『お疲れさまです!』

そもそも日本語の意味だけを見ると意味なんて全くありません。

なので、挨拶自体に必要性を感じない人も実際にいます。

挨拶って一体なんなんでしょうか?

リッツカールトンホテルの元日本支社長高野さんの本には挨拶についてこのように書いています。

「挨拶」の語源を紐解いてみると、禅宗で問答を交わして相手の悟りの深浅を試すことを「一挨一拶」(いちあいいっさつ)という、その言葉に由来するそうです。「挨」には「押し開く」「互いに心を開いて近づく」、「拶」には「迫る」「擦り寄る」といった意味があります。

「出会った人が互いに心を開いて相手に迫っていく」ということが挨拶とされています。

要は「僕はあなたに心を開くよー」というメッセージですね。

こう捉えると、挨拶とは人間関係を構築する第一歩となります。

いくらイケメンでもここがきちっとできていなければモテません。

もちろん、オナ禁だけしていても同じことが言えます。

 

モテる男の挨拶

ここまで『挨拶』の重要性を書いてきましたが、これは基本中の基本です。

学生時代はともかく社会人になれば「挨拶は最低限の礼儀」「出来て当たり前の基礎」とされていますから。

(※それでもビックリするぐらい挨拶ができない人っていますけどね。。)

僕が言う挨拶とは “きちんとした挨拶” です。

誰かに会ったときについ面倒だからと

「あっ、ども」

「ちーす」

「ざーす」

適当な挨拶で済ましたりしていませんか?

きちんと挨拶ができるということは、自立していてきちんと常識を知っているという印象を与えます。

なので、適当な挨拶は「軽い男」「あまり頭がよろしくない男」に見れらます。

さらに、モテる男の挨拶は、挨拶に+αの言葉を足します。

以下、実際に僕が聞いたモテる男の人の挨拶です。

「おはよう!(会釈)あれっ?髪切った?(スマイル)」

「おはようございます!(お辞儀)いやぁ~今日は暑いですね~(スマイル)」

「お疲れさん!(手を挙げて)明日もよろしくっ!(スマイル)」

「お疲れさまです!(お辞儀)今日は本当ありがとうございました。(会釈)助かりました。(スマイル)」

この辺りの挨拶のレベルができると、当然、印象もいいですし相手も「この人は話しかけやすい人」「信用できる人」「一緒にご飯を食べに行っても大丈夫な人」としてインプットしてもらえます。

次に繋がる人間関係が構築できるのです。

これを性別関係なく、いろんな人にやっておく(種をまいておく)と

女性から「〇〇君って二の腕すごい筋肉だよね~鍛えてるの?」と話しかけられたり

「明日、合コンやるんだけど一人来られなくなって。。どう?」と誘われたりします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕は人見知りで人間関係を構築するのが物凄く下手な人間です。

それでも “敵” がいなく、気軽るに喋りかけられたり、上司にかわいがってもらえているのは “挨拶” だと思っています。

(※ちなみに相手が挨拶する前に自分が先に挨拶をするっていうのが僕のスタイルです。)

余談ですが、たくさんの人に挨拶をしていくと、たまに挨拶を返さない人もいます。

それでも “ムッ” としてはいけません。

いつでも誰にでも挨拶できる人は、相手からの挨拶を別に求めていないのです。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村
====================


 - モテ男子