禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

「オナ禁とか意味ねーし」とか言ってるやつ、ちょっときなさい。

   

現在の日本では「自慰は自然な行為であり、度を過ぎなければ有害ではない」という意見が行政機関や医療関係者の一般的な認識です。

なので、”オナ禁” という行為は世間一般的に見ると、やはりカルト的な感じで見られることが多いです。

「えっ!?オナニー我慢してんの?キモッ」みたいな感じです。。

ネットでもリアルでもオナ禁反対派は多くいます。

オナ禁推進者がオナ禁の話をするたびにオナ禁反対派に虐(しいた)げられてきました。

僕はもともと「オナ禁をしたいやつはすればいい。したくないやつはオナニーすればいい。」という考えでした。

しかし、簡単にエロが見れる時代になったためか、最近オナ禁信者が少なくなってきている感じがします。

そんなわけで、今回はオナ禁信者を増やす記事をエントリーしようと思います。

オナ禁信者のかたは、リセットしそうになったら奮起をする材料として読んでもらえたらと思います。

注目LINEを駆使するプロのスカウトマンが教える

 

生物学的な説明

射精自体は僕も否定しません。

射精をしなければ、人類の繁栄はありえないのですから。

しかし、快楽を目的とし、むやみやたらにオナニーをするのはどうかと思いますね。

そもそも射精とは子孫繁栄のために行われるものです。

よって、射精をしたら生物として目的を全うしたことになります。

例えば、鮭なんてそれを如実にあらわします。

メスが卵を産み、その卵にオスが精子をかけるたらオスは力尽きて死ぬのです。

カマキリはもっと顕著で、交尾中にメスに頭を噛みちぎられパクパクと食べられてしまいます。

生物のオスとは “子孫を残す” という使命を終えたらこの世を去るのです。

こう考えると目の前の快楽だけを目的としたオナニーは問題だとわかりますよね。

オナニーで無駄打ちしていると、体は「子孫繁栄のために射精をした」というふうに本能が受け止めてしまうのです。

つまり、「子孫繁栄行為をたくさんしたので、しばらく射精する必要はない。女性にモテる必要もない」 と解釈して「無気力」になるわけです。

 

ヨガ的な説明

ヨガでは生命エネルギーを昇華させ、高次元の意識状態へ到達するのが目的です。

高次元の意識へ行くためにクンダリーニ(神秘的なエネルギー)を利用するのですが、クンダリーニの源は性エネルギーとして考えられています。

つまり、オナニーをしてしまったらエネルギーをロスすることになるので高次元の意識に到達することができません。

それどころか、オナニーは低次元の意識状態と同化しやすいので、よくないと言われます。

低次元の意識状態が続くと、外見も中身も魅力に欠けるようになります。

このような状態ではモテるわけがありません。

逆に高次元の意識に到達すれば、オナ禁界隈でよく言われる “スーパーサイヤ人” 効果を体感することができます。

 

科学的な説明

何故、世の中には “モテる男” と “モテない男” とに分かれているのでしょうか?

科学的に解釈するとフェロモンの分泌量の違いだと言われています。

フェロモンは無臭に近く、異性はこれを敏感に感じることで恋をしたりします。

フェロモンは体内で作られたあと体外に放出されます。

(※胸元(谷間のあたり)から出ているそうです。)

そんなモテる上で欠かすことのできないフェロモンについてですが、どのように増やしたらいいでしょうか?

男性の場合、フェロモンの源は “テストステロン” というホルモンになります。

つまり、モテるためにはテストステロンを増やせばいいわけです。

テストステロンを増やすためには

・禁欲
・筋トレ

が一番いいと言われています。

多くの禁欲男子が “オナ禁” と 並行して “筋トレ” を実践しているのはこのためです。

特に “禁欲でテストステロンが増える” ことに関しては論文で証明されています。

当ブログでもその記事をエントリーしました。

オナ禁の研究論文(英語)を読んだので考えをまとめてみた

興味のあるかたはどうぞ☆

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これでもあなたは一時の快楽のためにオナニーをしますか?

もしオナニーをするなら、それによって失われるメリットも覚悟しなければいけません。

元・世界ヘビー級チャンピオンの伝説的なボクサーであるモハメドアリはこう言いました。

俺はチャンピオンになる為なら、喜んでSEXに背を向ける

我々、禁欲男子は非モテから脱却するために、自分の夢を叶えるために喜んでオナニーに背を向けます。

「オナ禁とか意味ねーし」とか言っている人に問います。

このように性欲と常に向き合い、自分自身を律している姿って本当の “漢” だと思うのですがどうなんでしょう?



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村
====================


 - 禁欲の効果