禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

【 必読 】やはりあなた方のオナ禁のやり方はまちがっている。

      2017/09/30

世間一般で言われているオナ禁とは「オナニーを “ずっと” しないこと」として定義されています。

なので、ネットではやれ「オナ禁、90日間経過!」「とうとう180日間達成!」という報告が様々なオナ禁ブログ界隈でされています。

性欲とここまで粘り強く闘った禁欲ファイターには心より祝福いたします。

しかし、そこまで生殖機能を使わないと退化してしまうのでは?と半分心配します。

オナニーのやり過ぎは害であることは間違いありません。

しかしオナニーには「生殖のための準備」「性犯罪への防止」などそれなりの理由があるのです。

僕がいうオナ禁とは「生殖機能が退化しないように一週間に一回はリセットしてそのリズムを守る」ことです。

今回はオナ禁についてのやり方についてエントリーいたします。

注目LINEを駆使するプロのスカウトマンが教える

 

機能の退化

僕たち夫婦は中々子供に恵まれず、不妊治療をしていました。

しかも長い期間、不妊治療をしていたのでこの手の治療内容は熟知していたりします。

自然妊娠でも、人工授精や体外受精に用いる場合でも禁欲期間は3~4日しか期間はあけません。

それ以上の長い期間は精子のDNAの損傷率が高いことが明らかになっているからです。

これはおよそ3日間で精子が満タンになるからです。

では3日以上はどうなるか?

これは尿と一緒に排出されます。

しかし、精子の通り道(精路)に精子が留まる期間が長いほど、活性酸素の影響を受けて精子の質(精子力)が落ちることが今の医学では判明してます。

よくオナ禁ブログで「やったぜ!とうとうオナ禁90日間達成だぜ!」と雄叫びをあげて喜んでいるのも今だけです。

将来、パートと巡り合えて結婚しても、僕と同じようになかなか子供に巡りあえないことになるのかもしれないのです。

不妊治療は辛いですよ~(苦笑)辛かったときの日記です↓

今を生きる

また、たとえ子供に巡りあえたとしても長期の禁欲はDNAの損傷率が高いことから障害のある子どもが生まれる可能性も否定はできません。

 

本来の目的

オナ禁ファイターのみなさん!もう一度原点を思い出してください。

我々、禁欲男子がオナ禁する目的はなんでしょうか?

そう、女性にモテる ためです。

モテるためにはテストステロンをたくさん分泌する必要があります。

オナ禁はテストステロンを高濃度の状態で維持するただの手段なだけです。

そもそも、オナ禁とはある研究結果の論文から爆発的に広がりました。

その論文とはオナ禁一週間でテストステロンの濃度が150%になるというものです。

そしてその論文では一週間以上オナ禁しても意味ないと書いてます。

「A research on the relationship between ejaculation and serum testosterone level in men」

で、あれば90日間射精をしないことにどれほどの意味があるのでしょうか?

これは明らかにオナニーをしないことが目的となっています。

重要なことなのでもう一度言います。

僕たちは女性にモテるためにオナ禁をしているのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちなみに一週間に一度リセットするオナ禁はずっと射精をしない生活よりも難易度は高いです。

理由は一度リセットすると次の日に必ず強烈なリビドーを感じるからです。

全国の禁欲男子のみなさんに伝えます。

僕と同じ不妊治療の道を歩まないためにも、定期的なリセット期間を設定することをおススメします。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村
====================


 - 禁欲学書