禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

究極のオナ禁方法 ~マスターベーション依存症の人向け~

      2017/10/14

一日に何度もマスターベーションを行ったり、何時間もかけてマスターベーションを行う人はマスターベーション依存症の気があります。

この手の人がオナ禁をすると劇的に人生が変わります。

しかしオナ禁の苦しみも普通の人より倍です。

普通の人だったら、ちょっと我慢したら3日ぐらいはなんとかいけます。

でも依存症の人だとこの期間は気がおかしくなります。

仕事や勉強など何も手がつけられなくなるぐらい苦しみます。

マスターベーション依存症の人に

「ムラムラしたら深呼吸をしよう!」

「ムラムラしたら運動をしよう!」

このようなことだけではオナ禁を続けることは難しいでしょう。

今回はマスターベーション依存症の人向けのオナ禁方法をエントリーします。

注目禁欲男子におススメの恋活サイトランキング

 

自己暗示をかける

マスターベーション依存症の人はオナ禁をするのはかなりハードです。

覚悟も普通の人よりも持っておかなければなりません。

小手先の精神論や王道のやり方などは無意味です。

もっと根源的なところから変えていかなければなりません。

おススメは自分自身に暗示をかける(自己暗示)です。

自己暗示といってもそんなに怪しいものではありません。

やり方もいたって簡単です。

1)紙に書く。例:「〇月〇日まで絶対オナニーしない!」

2)目に付く場所に貼る

この2ステップで終わりです。

ただ、「オナニーしない!」という紙を他の人に見られると恥ずかしいでしょう。

その場合は「オナニー」を他の隠語に置き換えるといいと思います。

 

なぜ自己暗示がいいのか?

「紙に書いたことが現実化する(確率が上がる)」というのは、実際に多くの文献で語られており、とても有名な手法です。

頭の中では物事は言葉になっておらず、漠然としたイメージとしてしか存在していません。

覚悟を決めるためにも、目標をきちっとした “形” にする必要があるのです。

次に「目に付く場所に貼る」という行為ですが、これは毎日その紙を見る度に自分の潜在意識に語りかけるのです。

暗示とは繰り返し自分の脳にインプットすることだからです。

目標を毎日確認することにより脳に定着が強まり、願望は潜在意識に確実に落とし込みができます。

あとは脳潜在意識が自動的、本能的にあなたの行動を達成に向かって働いてくれるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「目標を紙に書く」という行為は自己啓発の本でもよく書かれていますよね。

有名なところではベスト&ロングセラーの自己啓発本である「非常識な成功法則」(著:神田昌典)です。

本によっては「アファメーション」とも呼ばれていたりします。

実際にやってみてそれなりの効果を僕は感じたので、今回オナ禁の手法に当てはめてみました。

また、繰り返し言いますが自己暗示でオナ禁だけやっていても駄目ですよ。

筋トレも並行して行い、モテフェロモン(テストステロン)の分泌に励む必要があります。

モテるためには常に様々な自分磨きに鍛錬しないといけないのです。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村
====================


 - 禁欲のコツ