禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

すべてはテストステロンのためである ~オナ禁ファイターに送る指南書~

      2017/12/02

みなさん、オナ禁がブームになった理由というのはご存知でしょうか?

「一週間オナ禁をするとテストステロンが 145.7% 上昇する」

この研究結果がオナ禁ブームになった最初の理由です。

テストステロンとは通称 モテフェロモン と呼ばれてこのホルモンの分泌量によってモテるかモテないか決まります。

「テストステロンがオナ禁によって増える!」ということで、世の中のモテたい男性が一斉にオナ禁をはじめました。

しかし意外と盲点になっているのですが、単純に「テストステロンを増やす」のが目的ならオナ禁以外も方法はあります。

今回はオナ禁のキーワードになっている「テストステロン」についてエントリーいたします。

 

テストステロンとは

もう一度、テストステロンについて、おさらいしてみます。

テストステロンとは男性に多いホルモンで「男性ホルモン」とも呼ばれます。

95%は「精巣」(※金玉のことです)で作られています。

(※ちなみに女性も副腎や卵巣でテストステロンを分泌しています。)

テストステロンの重要な働きは「性欲」「性衝動」です。

人間の性欲と最も密接に関係しているホルモンです。

「オナ禁」 をするとテストステロンが上昇する理由もなんとなく理解できます。

つまり、女性を見て「ムラムラする」ということはテストステロンが上昇している証拠。

獲物に飢えている狼みたいな感じですかね。ギラギラした肉食系男子のことですね。

またテストステロンは20代をピークに年齢とともに減少していくことが知られています。

これを食い止めるのが 「筋トレ」 ですね。

なので、オナ禁ではよく「筋トレ」とセットで考えられています。

 

テストステロンを増やす

テストステロンを増やす効果的な方法は「オナ禁」と「筋トレ」が有名です。

しかし、それ以外にも方法はあります。

 

砂糖禁

よくオナ禁ブログなんかで 砂糖禁 とか目にしないでしょうか?

砂糖・炭水化物を減らすことはテストステロンを増やすのに非常に効果的なんです。

2009年のアメリカ内分泌学会が発表した研究では、ブドウ糖を 75g を飲んだ後、15~25% も血中テストステロン値が減少したと報告しています。

ちなみにお茶碗一杯の白米が概ね 55g 程度の糖分になります。

砂糖や炭水化物を食べることはテストステロンの分泌量の低下につながるのです。

生粋のオナ禁ファイターは「オナ禁」「筋トレ」も加えて「砂糖禁」も実践しています。

ちなみに僕は甘いものは断ちました。白米も一切食べません。今は玄米が主食です。

 

グレープフルーツ

これは案外知られていないことなのですが、グレープフルーツもテストステロンを下げます。

南カリフォルニアのノリス総合がんセンターの研究によると、グレープフルーツを2週間摂取したところ、エストロン(女性ホルモンの一種)が 26% 増加したと発表しています。

エストロンはテストステロンを元に生成されます。

つまりグレープフルーツの摂取はエストロンは増加しますがテストステロンは減少させてしまうのです。

 

アルコール

アルコールもテストステロンの生成によくありません。

一日のアルコール摂取によって 約20%程度 のテストステロン生成量低下が起こります。

慢性的なアルコール中毒者の場合だと 50%以上 テストステロンの生成を低下させてしまうのです。

僕は以前、週末だけはお酒を飲んでいたのですがやめました。

付き合いで少し飲む程度です。

 

タバコ

ストレスを感じたとき、ホルモンの一種であるコルチゾールが分泌されます。

実はタバコを吸ってもコルチゾールは分泌されます。

コルチゾールが分泌されるとテストステロンの生成量が減ってしまいます。

オナ禁ブログを読んでも禁煙している人は多いですよね。

僕もタバコはやめました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご覧の通り、いくらオナ禁を実践しても「甘いお菓子」ばかり食べて「お酒」を飲みながら「タバコ」を吸っているとテストステロンの生成量は上がりません。

どうせオナ禁をやるなら、とことんテストステロンを増やしましょう!

テストステロンの生成量が理想の自分になれる唯一の道なのです。

すべてはテストステロンのために。。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村
====================


 - 未分類