禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

モテる男とモテない男の境界線 ~バカになれる技術~

      2018/03/17

オナ禁を実践している人はみんな上昇志向が強いです。

上昇志向が強い人に共通して言えるのが、真面目すぎる性格なところ。

これ自体、僕は否定するつもりはありません。

しかし真面目すぎる男はつまらなく、多くの女性はそれだけだと物足らないというのも事実なのです。

そして真面目すぎる男よりも、ちょっと「バカ」な男のほうがモテたりします。

勘違いしてほしくないのですが、本当に「バカ」な男性はモテませんよ。

飲み会や合コンで意識的に「バカ」になれる男性がモテるのです。

つまり計算してバカになれる男性がモテる のです。

理由は簡単。そのほうが面白いから。

そんなわけで今回は真面目すぎる不器用な禁欲男子に向けて、「バカ」になれる方法についてエントリーします。

注目禁欲男子の人気記事 - 僕が実際にやっていた恋活サイトの使い方 -

 

女性にモテるバカな男性の定義

まずは、女性にモテる “バカな男性” の定義をします。

僕が思う、魅力的なバカな男性とは、自分の人間性を出せる人です。

つまり “自分の失敗談を笑い話にできる人” や “エロい話” ができることです。

逆に人間としての弱みを出せない人は

・失敗談や自分の欠点が恥ずかしくてひたすら隠そうとする人
・いい人に思われたくて、下ネタが話せない

こんな人は人間性が見えないので魅力的に見えません。

別の言い方をすると、一緒に飲んでいても楽しくないのです。

同性の目から見ても、そんな人とまた飲みに行こうと思いませんよね。

思い当たる人は少しずつバカになる(自分の殻を破る)ことができるように心がけましょう。

解説していきます。

 

失敗談を人に話す

失敗談は笑い話にアレンジしてどんどん人に話しましょう。

僕も最初は自分の失敗を話すことができませんでした。

しかしこれが不思議。

勇気(?)を出して話してみると思った以上にウケるんですよねー。

そして失敗談で笑いが取れると…

「素の自分を出すこと」が楽しくなっていくのです。

今では笑える失敗談を常に3つ常備しています。

会社の飲み会がある日はいつでも語れる状態にしています。

逆に自分の失敗談を笑い話にできない人は自己受容(=ありのままの自分を受け入れる)ができていません。

プライドが異様に高い人はこの傾向になりやすいです。

そんな人は、まずは自分の「不完全さ」も含めて、 そのままの自分を受け入れる訓練をします。

 

エロい話ができる

勘違いをしてほしくないのですが、下ネタはマイナスのイメージを与えるので基本的にNGです。

なので、何の戦略もなしに下ネタばかりしていると女性に嫌われます。

ただこの世には下ネタをうまく使って女性を虜にする・・。そんな男性もいるのが事実。

なぜなら、女性も本当は下ネタが好きだから。

その証拠に、『女子会では下ネタだらけ』だそうですよ。

女性が男性の下ネタを嫌うのは

『それによって自分に下心を持たれること』
『変な想像をされること』

これが嫌なのです。

だから、それがなくて単純に笑えるものだったらOKということです。

コツは下ネタを会話に入れるなら冒頭でストップすることです。

ちょっとしたスパイスで十分。必要以上に深入りしないのが鉄則です。

例えば女性から

「もぉー、〇〇君って本当にSだよねぇ~(笑)」

こう言われたら、禁欲男子のあなたならどう返しますか?

一番いい感じの返事は

「うん、普段はSだよ〜。夜はMだけどね(笑)」

これをさらっと言います。

そして何もなかったかのように普通の会話に戻るのです。

これがモテる男がする下ネタを会話に入れるテクニックです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように「バカになる」とは自分の人間性を出していくこと。

それは言い換えれば限りなく「素の自分を出していく」という行為です。

これは人をひきつける非常に優れたテクニックですが、諸刃の剣でもあります。

素の自分を出していくと、時には嫌われることもあるからです。

でも、それはそれでいいんです。

「もともと自分とは合わない人だった」というだけです。仕方がないことなのです。

そんなときは

「たとえその人に嫌われても私は死なない」

そう言い聞かせて次の人脈作りに活かしましょう。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村
====================


 - モテ男子