禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

集中力の向上効果

      2015/08/20

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-SDS_webgyoukainorokuromawasi-thumb-1000xauto-13825

『集中力がアップする』というネットの書き込みも多いですね。

実際、試合前のアスリートもよく禁欲を実践しています。

集中力がアップするなら勉強、仕事、スポーツなどといった様々なジャンルで有利になりますね。

これが本当ならいくらでも禁欲するのですが。。真実はどうなんでしょうか?

今回は禁欲と集中力について調べてきました。

注目禁欲男子におススメの恋活サイトランキング


 

集中している時の脳のメカニズム

集中しているときの頭の中はどのようになっているのでしょうか?

ここを分析して、射精との関連性を見出してみたいと思います。

集中力が発揮されているとき、脳内ではドーパミンと呼ばれる神経伝達物質が活発に分泌されます。

ドーパミンとは興味のあることをしているときなどに分泌される脳内物質です。

脳を覚醒させ、集中力を高める作用を持っています。

集中するにはドーパミンが必要なんです。

では次に禁欲とドーパミンに何か関連性があるのか考察します。

 

射精とドーパミンの関係性

射精する瞬間に気持ちいいと感じるのはなぜだと思いますか?

精液を出そうとすると、集中するのに必要だったドーパミンを大量に出すのです。

ドーパミンは脳内麻薬とも言われている物質です。集中するとき以外にも快楽と同時に脳内で分泌されます。

オナニーばかりするとどうなるか?

ドーパミンの過剰分泌となりホメオスタシスが働くようになります。

どういうことかと言うと、通常の分泌量だと体内のドーパミンがすぐになくなるので、オナニーしてもドーパミンがあまり分泌されないようになるのです。

その結果ドーパミンが出にくい脳になります。

集中するにはドーパミンの分泌が必要なのに、こんな状態では集中力はなかなか続きませんよね(>_<)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ただ、あんまり禁欲期間が長いと絶えずムラムラしてしまって逆に勉強とかは集中できないかもしれません。

集中力UP以外にも頭がよくなるという書き込みもチラほらと見かけます。

流石に禁欲自体に頭がよくなる効果はないと思いますが、人は悪い習慣を我慢することで頭を使うといいます。

悪習(オナニー)を我慢している感覚こそが頭にいいのかもしれませんね。

禁欲とセットで何か難関資格の勉強とかしてみてはいかがでしょうか?


【英語ぺらぺら君中級編(配送版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村
====================


 - 禁欲の効果