禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

禁欲生活とジョギング

      2015/08/20

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSU86_iejiwoisogu-thumb-1000xauto-18078

禁欲中の衝動的なムラムラ感を発散させるためにジョギングをする人も多いですね。

運動は、体に良い影響を与えるだけではなく、脳や精神にも良い影響を与えるということが解明されてきています。

例えば、ストレス抑制効果があったり、うつの防止効果や自制能力が向上するといった様々な運動の脳に対する効果が明らかになってきているのです。

実際、ランニング専門誌の 『ランナーズ』 の調査によると、 「皇居を走るランナーの半数以上が年収700万円以上」 という結果が出たそうです。

ジョキング効果は禁欲効果と多分にかぶっているところがあり、相乗効果が期待できそうですね。

本日は禁欲のコツとしてジョギングをテーマにしたエントリーです。

注目禁欲男子におススメの恋活サイトランキング


 

禁欲中のジョギング効果

普段から健康を保つためにも日頃の運動は大切ですよね。

とりわけ禁欲生活では運動がとても重要になってきます。

なんといっても性欲を抑えるのにとても役立つのです。

適度に汗を流すことで欲情から解放され、精神的にも安定します。

あわせて、日々のストレスを発散することも出来るでしょう。

運動は特別長く行う必要はありません。

サボらず最低でも10分程度するだけでも効果があります。

もし近くに公園やジムなど身体を動かせそうな場所がないのでしたら、自室で筋トレをやりましょう。

– 健全な精神は健全な肉体に宿る –

という言葉があるように、身体を鍛えれば、性欲に負けない心も育つものです。

 

ジョギングは頭をよくする!?

ジョギングなどの有酸素運動は、単に衝動的なムラムラした欲情を爽快にしてくれるだけではなく、 「脳を鍛える」 ということまでわかってきました。

日本の脳科学分野の第一人者、京都大学名誉教授の久保田競先生によると、ジョギングなどの有酸素運動を行うことでシナプス(ニューロン同士のつなぎめ)の数が増加することがわかってきたとのことです。

また、久保田先生らはその他にもランニングマシーンの上で時速3キロ(歩き)、5キロ(早歩き)、9キロ(ジョギング)、それぞれの速度で1週間毎日運動した人の脳を調べる実験を行いました。

その結果、時速9キロ(1km当たりおよそ7分)で走るペースが前頭前野、なかでも46野が働くようになることがわかりました。

ここはワーキングメモリーにあたる領域です。

つい最近まで 『脳は成長期を過ぎると衰えるだけ』 と思われていましたが、最新の脳科学の研究によってジョギングすることニューロンとシナプスが増強され、前頭前野が活性化し、思考力も決断力も増す・・・

――つまり、頭がよくなることが証明されたのです。

 

まとめ

とはいってもランニングを続けるのは意外と難しいですよね(^_^;)

雨の日が続くとモチベーションが下がっていき、いつの間にかやらなくなったりするんですよね。。

そんな人はモチベーションの維持のためにジョギングする人たちのためのSNSとかありますので利用するといいでしょう。

走った距離とか簡単に割り出せるので、便利そうですよ☆

ジョグノート

またはこの際、一緒にランニングしてくれる彼女を探すのもアリですね。

ランナー仲間も出来て一石二鳥です。

「そもそも自分の周りに女性がいない」「女性と接する環境にない」という人は恋活サイトを利用すればいいと思いますよ。

ただ、悪質な業者がいるのも事実ですから、そういった恋活サイトで嫌な想いをしたり、不当な請求を受けない為に、このサイトで紹介しているおすすめの恋活サイトから選んで下さい。

 



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ====================


 - 禁欲のコツ