禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

英雄色を好むについて

      2015/07/10

イケメン

 

英雄色を好むとは、英雄は何事にも精力旺盛であるから、女色を好む傾向も強いということです。
ここでいう「色」とは、色事のことです。 歴史上の人物では…

  • 豊臣秀吉
  • ナポレオン
  • 伊藤博文
  • ピカソ

が知られています。現代では

  • タイガー・ウッズ
  • ベルルスコーニ首相(イタリア)

辺りが有名ですね。

 

出世とテストステロン(男性ホルモン)は関連することが、スイスの経済学者、エルンスト・フェールが行った『社会的地位仮説』実験によってわかっています。 「社会的地位仮説」とはテストステロンの濃度が高い人ほど、出世しようと努力するのではないか、というものです。 出世をするためには無用な社会的対立を避け、周囲に公平な態度で接し、相互協力することが近道になるという考え方が前提になっています。 実験ではテストステロンが濃い人ほど対立を回避し、公平な分配をすることが、明らかになりました。つまり出世欲が強い人ほどそれに比例してテストステロンの濃度も高いです。

 

ペンシルバニア大学のアラン・ブースという教授は、テストステロン値を測った上で結婚生活の調査をおこないました。 4000人以上の既婚男性を対象にした調査です。 調査の結果、テストステロンの数値の高かった男性は…

 

■テストステロン値の高い男性の結婚生活

  • 浮気の過去がたくさんあった
  • 家をあける(出て行く)傾向が高い
  • 離婚率が高い

 

■テストステロン値の高い男性の社会生活

  • 会社などから仕事を評価され、出世が早い
  • 社会的に成功しやすい
  • 闘争本能が強い

 

ということがわかりました。 やり手の男ほど性欲旺盛(英雄色を好む)という結果です。 しかし必ずしも幸せかどうかは別の話です。テストステロン値の高い男性は家庭内では少し問題が目立ちます。タイガーウッズも社会的には大きな成功をしましたが、離婚(慰謝料が7億ドル)をしました。 ちなみにテストステロンの濃度を高めるには禁欲と筋トレになります。



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ====================


 - 禁欲学書