禁欲男子

人に勝つより自分に勝て!

ストレスに打ち勝つには禁欲生活のみ!!オナニー依存症からの脱却!

      2015/10/19

bsPAK93_taikusuwariatama20140322

現在、僕は不妊治療を行っているのですが、なかなか良い結果が出ていません。

これまでにない強いストレスを感じています。

ある朝、洗面台に立って自分の顔を見ると、今までの自信にあふれて生き生きとした顔はもうどこにもありませんでした。

成功の原理は極めてシンプル。

上手くいっているなら変えるな、上手くいっていないなら、これまでと違う何かをしろ。

僕は今、上手くいっていない。

だから何かを変えないといけない。

僕は最初、不妊治療のストレスが原因だと思っていました。

しかし、よくよく考えると禁欲を一時的に解除したのが原因かもしれないと気づきました。

実はそのとき、ストレスに耐えることができず、一日一回のペースでリセットを数日間繰り返してしいたのです。

注目禁欲男子によるLINEで異性と出会う3つのコツ

 

ストレスのはけ口がオナニーだとオナニー依存症になりやすい

強いストレス(失恋、受験勉強、人間関係)を感じると、無性にオナニーがしたくなります。

しかし安易にオナニーでストレス解消しているとオナニー依存症になります。

今の僕がまさにそうなっていました。

現状不満によるストレス → オナニーという快楽で現実逃避 → メンタル不安定 → さらにオナニーによる現実逃避

僕の経験上、この悪循環に陥ると状況は必ず悪化します。いい結果にはなることはありません。

これはまったく薬物依存と同じ状態ですね。

20140823

出典:オナニー禁止でモテる理由

酒、タバコ、ギャンブル。。

人は何かに依存してしまうと、人生をコントロールするのが難しくなります。

ストレスを強く感じたときこそ、むしろ禁欲を意識しないといけないのです。

僕はもう一度自分を戒めました。

そして、いつもより長く禁欲期間を設定しました。

 

結局ストレスからフリーになるには禁欲が一番

禁欲生活を再開したのですが、今まで以上に身構えていました。

ただでさえ、不妊治療というストレスを感じているのに、そこから禁欲という強いストレスも加わるからです。

実際、ストレスを感じているときの禁欲生活は普段のときよりも倍以上、辛かったです。

しかし、その分メンタルはぐっと楽になりました。

禁欲によって発生するリビドー(ムラムラっとする感情)が暗い感情を打ち消してくれるのです。

メンタルが安定すると、次第にいろんな物事へのヤル気も戻ってきました。

僕は改めて「精子は活力の源」であることを認識しました。

ストレスを感じたときにオナニーばかりしていると、「活力の源」がなくなるわけですから当然ストレスには勝てませんよね。

強いストレスを感じたときこそ、禁欲をして「活力の源」を体内にためないといけないのです。

 

まとめ

ストレスのはけ口としてやるオナニーは身を滅ぼします。

麻薬依存症みたく負のスパイラルに突入してしまいます。

これが今回、僕が身をもって感じたことです。

ただ、ストレスを感じているときにやる禁欲生活は普段の2倍の耐える力が必要です。

酒、タバコ、ギャンブル。。何でもそうですが依存からの脱却するには強い意志と覚悟がないとできません。

しかしこの悪循環から抜けることができると、必ず物事はいい方向に好転すると僕は信じています。

というか、こういう考え方でもしないと耐えることができません(^_^;)



====================
いつもブログに遊びに来てくれてありがとうございます!
よかったらポチッと応援してもらえると励みになります☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ====================


 - 禁欲学書